■携帯サイト閉鎖のお知らせ
8月末をもちまして、携帯サイトを閉鎖いたします。
以降は、PCサイト・スマートフォンサイトのご利用をお願いいたします。
※スマートフォンからは、これまで通りご利用いただけます。

不妊治療交流掲示板

『子宝ねっと』には、人工授精、体外受精などの治療別、男性不妊などの原因別、都道府県別と、色々な掲示板があります。不妊や不育の悩み相談、情報交換、どんなことでも投稿OKです。ここには、妊娠・出産を心から願うたくさんの仲間がいます。不妊に悩む者同士、“わかり合えること”もたくさんあるはず。もう1人で悩まないでくださいね。みんなで支え合いながら、赤ちゃんを迎えにいきましょう。
(2008年1月〜2016年6月30日までの投稿数=1,467,457件)

一人目不妊専用の掲示板

一人目の妊娠に向け妊活中の方、治療されている方はこちらに書き込んでください。
これから妊活しようとしている方も、もちろん書き込みOKですよ

  • がんばってます35歳〜
    35歳以上で妊活中の方。年齢が高くなると、
    今までとは違う悩みも増えてきますよね
  • 多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)
    多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)ならではの悩み、治療情報を交換しましょう
  • 子宮内膜症
    卵巣チョコレート嚢腫、子宮腺筋症などの
    子宮内膜症。月経(生理)痛、辛いですよね
  • 卵巣機能不全(POI)
    40歳未満で無月経になる早発閉経や、ゴナドトロピン抵抗性卵巣症候群と診断された方
  • 卵管の問題
    両側の卵管が詰まっていたら、体外受精が一般的。でも卵管鏡下手術(FT)も気になりますね
  • 不育症・反復流産・習慣性流産
    妊娠はするものの流産や子宮内胎児死亡などを繰り返し、赤ちゃんが抱けない不育症の方へ
  • 染色体異常
    夫婦いずれかの染色体異常が、不妊症や不育症の原因になっているケースもあります

  • 男性不妊
    男性不妊だからこその悩みありますよね。
    ココなら相談できますよ
  • 無精子症
    無精子症でも精巣内に精子が見つかれば、顕微授精(ICSI)で妊娠できる可能性があります
  • 非配偶者間人工授精(AID)
    非配偶者間人工授精(AID)を選択した(検討中)のご夫婦のための掲示板です
  • 性交障害(EDなど)
    男性性機能障害(ED)、女性性機能障害(FSD)、腟内射精障害、セックスレスなどの悩み
  • 天使ママ(流産など)
    待ちに待ち、ようやく宿った命を、流産、子宮外妊娠などで失う経験をされた方へ
  • 不妊治療をお休み中
    走り続けてきたけれど、ちょっとお休みしたい、治療をお休み中という方の休憩室です
  • 治療をやめて、歩いて行こうか
    夫婦二人家族の道や里親・養子縁組の道など、治療以外の道を模索している方、歩んでいる方
  • 一人目匿名OK
    一人目の赤ちゃん待ちの方限定、匿名OK。
    お気軽に交流ください。マナーは忘れずに
  • 愚痴聞き地蔵
    モヤモヤ&イライラをココに吐き捨てて、スッキリ。心の荷物を軽くしましょう

一人目不妊専用の掲示板(新規書き込み中止)

下記の掲示板は、あまり利用されていないため、
新規の書き込みを中止させていただきます。



一人目妊娠中の掲示板

不妊治療を受けたのち、一人目の赤ちゃんを妊娠し、
出産待ちの方はこちらに書き込んでくださいね


下記の掲示板は、あまり利用されていないため、
新規の書き込みを中止させていただきます。


二人目不妊の掲示板

お子さんは一人いるけど、二人目の赤ちゃんがなかなかできない……、
二人目不妊や不育の人は、こちらの掲示板に書き込んでくださいね

  • 二人目匿名OK
    二人目の赤ちゃん妊活中の方、匿名OK。
    お気軽に交流ください。マナーは忘れずに

二人目妊娠中の掲示板

不妊治療を受けたのち、二人目の赤ちゃんを妊娠し、
出産待ちの方は、こちらの掲示板に書き込んでくださいね


下記の掲示板は、あまり利用されていないため、
新規の書き込みを中止させていただきます。


出産後の掲示板

不妊治療を受けたのち、出産された方は、一人目・二人目に関係なく、
こちらの掲示板に書き込んでくださいね

  • 出産後の交流広場
    不妊・不育を乗り越え出産された方で、現在は妊活をされていない方はこちらへ
  • 出産後 匿名OK
    不妊・不育を乗り越え出産された方、お気軽に交流ください。匿名OK。マナーは忘れずに

みんなOKの掲示板

不妊に悩んだことのある方、治療中の方、妊活をはじめようとしている方、
誰でも書き込みOKです

  • みんなでおしゃべり
    不妊や不育の悩みを持ったことのある方なら、誰でも書き込みしていただけます
  • 仲良し広場
    固定メンバーだけで集いたい方たちは、ココをご利用ください。ほかでは禁止
  • 不妊治療相談掲示板
    いろいろな立場の人が集う場所だからこそ、気軽に相談し、アドバイスし合いましょう
  • 伝言・連絡版
    妊娠報告は気が引ける……、そんな方は近況や掲示板の引越先をココでお知らせ
  • 子宝グッズ
    持っていると何だか早く赤ちゃんに会えそう。
    希望を運んでくれる子宝グッズ情報はこちら
  • 子宝スポット
    赤ちゃんを迎えに行きましょう。
    ご利益がありそうな子宝スポット情報はこちら
  • みんなで匿名OK
    不妊や不育に悩んだことのある方、誰でも匿名OK。お気楽にご交流。マナーは忘れずに

不妊について学ぼう

不妊とは、避妊をせずコンスタントに夫婦生活を持っているにもかかわらず、1年間、赤ちゃんができない状態のことをいいます。不妊に悩むご夫婦のため、医学的な知識をわかりやすくまとめました。

妊娠したい.info
妊娠のプロセス』には、小さな命が母親の胎内に宿るまでの奇蹟のストーリーが記されています。不妊治療をしていない人も、不妊治療中の人も、まずは読んでおきましょう。そして、どうしても意識しなければいけないのが『妊娠のリミット』です。また、『二人で目指す妊娠』では、【基礎体温】のとらえ方、妊娠しやすい【夫婦生活のタイミングと間隔】、【排卵検査薬】の活かし方、人にはききづらい【夫婦生活のこと、そのあとのこと】など、病院を訪ねる前にチャレンジできることをまとめています。

不妊治療.info
赤ちゃんを待つのではなく迎えに行こうと決めたお二人には、ぜひ『不妊治療をはじめる前に知っておきたい7つのこと』を読んでいただきたいと思います。不妊治療の特徴でもある『ステップアップ治療』は、できるだけ負担の少ない、自然に近い治療方法で妊娠してもらうための、患者側に立った考え方によるものです。ここでは、第一段階の『タイミング指導』、必要な場合はそれを補う『投薬治療』、そして第二段階となる『人工授精(AIHもしくはIUI)』などの一般不妊治療について解説しています。

不妊の原因.info
不妊の原因』は、女性側だけとは限りません。不妊症カップルの3〜4割には、男性不妊が見つかります。不妊検査を受ける場合には、精液検査を後回しにせずに、できるだけ早めに受けましょう。女性側の不妊原因は、加齢による卵子の老化を除くと、『排卵の問題』(多嚢胞性卵巣症候群、早発閉経など)、『卵管の問題』(卵管閉塞、卵管留水腫など)、『子宮の問題』(黄体機能不全、子宮腺筋症など)、『そのほか』(抗精子抗体、子宮内膜症、機能性不妊など)の4つに大別することができます。

不妊の検査.info
避妊せずに夫婦生活(性交)を持って1年間経っても赤ちゃんができなければ、何らかの妊娠しづらい理由があると考えて、不妊治療に力を入れている病院で、不妊検査を受けてみましょう。まずは、『不妊とスクリーニング検査』にあげた基本的不妊検査(1基礎体温表、2ホルモン検査、3子宮卵管造影検査、4超音波検査、5精液検査、6フーナーテスト、7クラミジア検査)を受けて、どの治療法から不妊治療をスタートできるか見極めます。さらに必要があると判断されれば、『くわしい検査』を検討します。

体外受精.info
体外に採り出した卵子に精子を振りかけることで自然に受精した卵を、子宮内に移植して着床を期待する高度生殖医療技術(ART/アート)を体外受精IVFといいます。不妊原因(卵管性不妊、長期間の原因不明不妊、重度の男性不妊など)によっては、一般不妊治療での妊娠が難しく、ステップアップ治療の第三段階である体外受精が必要になることがあります(『こんな二人におすすめします(適応)』)。ここでは、『体外受精の流れ』、『体外受精の妊娠率』、『体外受精の費用』なども解説しています。

顕微授精.info
卵子に精子を振りかけるだけの体外受精IVFでは受精が難しそうな場合や受精障害がわかった場合には、体外に採り出した卵子の細胞質内に1個の精子を直接注入する顕微授精ICSIを行い、受精卵ができることを期待します。顕微授精の手技とそれに用いる精子の選別以外は、体外受精IVFの流れと同じです(『顕微授精の流れ』)。最近では、国内でも体外受精をしのぐ勢いで顕微授精が行われています。ここでは、『顕微授精の妊娠率』、『顕微授精の費用』なども解説しています。

男性不妊.info
避妊せずに夫婦生活(性交)を持って1年間経っても赤ちゃんができない場合には、まずは不妊治療に力を入れている産婦人科で、夫婦ともに基本的不妊検査を受けてみましょう。精液検査を複数回受けた結果、男性不妊と診断された場合でも、奥さまだけがそのまま産婦人科に通って男性不妊をカバーする不妊治療を受けなければならないケースがほとんどですが、ご主人も『泌尿器科での男性不妊検査』を受け、『男性が泌尿器科で受ける治療』がないかを探る道もあります。

流産と不育症.info
流産』や『異所性妊娠(子宮外妊娠)』で、一度、胎内に感じた命を失うことは、女性にとって堪え難い喪失体験です。それが不妊治療を受け、ようやく授かった命ならば、なおさらでしょう。2回以上の流産(反復流産や習慣流産)や死産、早期新生児死で児を得られない状態を『不育症』といいます。該当する方は、『不育症のスクリーニング検査(一次検査)』を検討してみましょう。リスク因子が見つからなかった場合には、防ぎようのない胎児の偶発的な染色体異常を繰り返したととらえましょう。

不妊治療の用語集.info
不妊治療は、必ず良い結果になると確約されたものではありませんので、夫婦で納得して受けることがとても大切です。診察室で聞きそびれてしまった不妊治療の専門用語はありませんか? 病院での待ち時間を使って、その意味を調べてみましょう。担当医の説明がすんなり入ってくるようになると、漠然とした不安も徐々に減っていきます。自分たちの受けている治療がよく理解できれば、夫婦からのリクエストも伝えやすくなるはずです。どうか、より良い治療を受ける助けに活用してください。

おち夢クリニック名古屋


ページトップへ