1. 不妊治療情報「子宝ねっと」
  2. 東京
  3. 病院
  4. 秋葉原 ART Clinic

不妊治療の病院・口コミ情報

秋葉原 ART Clinic
院長 湯 暁暉(タン シャオホィ) 先生

公式サイトメニュー

口コミ・評判

4年間いろんな病院に行きましたが何処もダメでした、でも秋葉原ARTクリニックに行き1回で成功しました。
心から感謝しています

3つ目の転院です。
秋葉原artに変えて、無麻酔は少し痛かったけど、すぐに採卵で2つとれることができました。
先生も親身になってくれるし、培養士さんや看護師さんも丁寧だし、甲状腺の異常とかも発見してくれたり、転院して正解でした。

不妊治療で口コミの高い人気の病院で初めて不妊の検査をして、早期閉経もあり得ると妊娠は難しいと言われセカンドオピニオンで行った病院が秋葉原アートクリニックでした。
院内は綺麗で、院長先生は女性の先生で目をみて誠実に話してくれました。
心配なことや分からないこと質問する隙間をいつも作っていただけました。
それなのにひどく待つこともなく、看護師さんも受付の方も優しく病院に通うストレスはありませんでした。
あとわたし的には治療中に基礎体温を測らなくて大丈夫なことがストレス半減になりました。
少し下がって心配し、少し上がって期待しの繰り返しから解放されすべて院長先生にお任せしていました。
31歳で卵巣は更年期レベルで卵の在庫も少ないとのことで初めから体外受精で治療しましたが、一発で成功!赤ちゃんを授かることができました!
今30週!無事安定期を迎え、いまは母子ともに健康で元気に赤ちゃんは成長しています。
本当にこの病院に出会えて良かったと思っています。
高い技術の治療、スタッフさんの対応、予約の取りやすさ(病院設立から短い為、まだそんなに知られていないからだと思います)
年末年始以外病院が開いていること、子供連れNGなどの配慮、どこで治療するか迷っている方には本当におすすめしたい病院です!

他院でタイミング、人工受精、体外受精とステップアップし、受精障害であることが分かりました。
色々な転院先を調べて、顕微授精に力を入れているという秋葉原ART Clinicに転院。
本院は最新設備と確かな技術を持つ湯先生と培養士さん、看護師さんが揃っていると感じ、安心して治療を進めることができました。
また、女性の身体に負担の少ない低刺激による採卵法のおかげで、仕事をしながら治療も続けることができました。
そして、転院して1回目の採卵、移植で妊娠まで至ることができ、スタッフの皆様に感謝しています。
確かな技術はもちろんですが、何よりも患者の心に寄り添った湯先生の姿勢とお人柄は、精神的にも体力的にも辛い不妊治療の中で、一番の支えになりました。
二人目も秋葉原ARTClinicでお願いしたいと思っています!

1番のオススメは土日もやっていることです。
お陰で仕事を休むことなく治療を受けることができ、半年で子供ができました。
治療ももちろんこちら側の意見を尊重してくれますが、アドバイスも的確でした。
私は2回人工受精をし、もう一度人工受精をしようとおもったのですが、先生に不安を取り除いていただいたので体外受精を決意しました。その結果1回で成功しました。本当に踏み出してよかったと思っています。
先生は明るくて笑顔が素敵です。受付のかたや看護婦さんも皆さんがとても親切なので、病院に通うことが苦ではなかったです。
男性患者の方もたくさんいらっしゃるので主人も連れていきやすかったです。
施設もとてもきれいで、待合室には雑誌もwifiもありました。

婦人科のクリニックでタイミング法を1年試して結果が出ず、不妊専門の専門病院をネットで探していたところ、開業したばかりのこちらのクリニックが見つかりました。
当時は開業したばかりなので、クリニックとしての実績はなく、先生も中国の方だったので少し気になったのですが、婦人科のクリニックに通う前に数ヶ月通った不妊専門クリニックが、座る場所もないほど混んでいて、先生も流れ作業的で質問する時間もなく通うのを断念していたという経験があったので、開業であれば、待ち時間が少ないだろうと期待して、土日も診てもらえるこちらのクリニックに決めました。
先生は中国の方ですが、当然日本語に全く問題はなく、先生の明るさ、親切な説明など、本当に、気持ち的に助けられました。
人工受精を2回試した後、タイミング法を1年やっていたので、人工受精の確率はかなり低いというアドバイスを受け、体外受精に切り替えました。
体外受精するとなった途端に自然な排卵がうまくいかなくなったり、採卵しても空胞だったり、ということがあって、2ヶ月ほどロスしましたが、無事、1回の体外受精で授かることができました(6ヶ月間の通院で卒業となりました)。
最近は混みはじめていますが、それでも待ち時間は少い方だと思いますし、外出も可能です。また質問などには、とても丁寧に対応してくださっています。受付、看護師の方々も柔らかい雰囲気で、とても感じが良いです。
私の見た感じでは、特に土日は7割くらいの方が旦那さんと一緒に来るようで、男性も一緒に行きやすいと思います。
費用は、成功報酬というスタイルの料金なので、うまくいかなかったときは軽減されるような仕組みになっているようです。
二人目も考えているので、必要になったら、是非、またこちらに通いたいです。

量より質という感じで、体のことを考えプランを立てて進めてくださり安心できた。
一度の採卵・移植で妊娠することが出来て感謝している。
陽性反応後に出血があったりして急に受診したこともあったが、素早く丁寧に対応していただき通院による身体への負担も少なかった。
先生は事実は事実として伝え必要以上に悪いことを言わないのも良かったと思うし、看護師さんたちはいつも笑顔で相談できる雰囲気があり落ち着いた気持ちで通えたのも良かった。
設備は整っていてキレイだし、不必要な治療を無理に勧めるようなこともなく事前の説明も丁寧なので、ステップアップを迷っている方も相談してみると良いと思います。

先生が優しく穏やかで話しやすかったです。

交通アクセスが良く、土日祝もやっているので働きながら通いやすい。
今年の4月にオープンしたばかりなので、院内は清潔感があり予約も取りやすい。
不妊治療はお金がかかりますが、ここは他のクリニックと比べて値段がかなり良心的だと思いました。

女医の院長1人で全て診察で安心。新宿KLCに5年間勤めた経験があり、自然周期、低刺激周期で体にやさしい体外受精を受ける事が出来る。院長はじめ、スタッフさんが優しく丁寧に説明してくれます。日本一の患者数が通う新宿KLCと同じレベルの治療が受けられ、今は開業したばかりで予約が取りやすく穴場的な存在で嬉しいです。患者説明会へ参加し、先生の熱心さ、培養士の技術、クリニックの雰囲気が分かり良かったです。

女医さんが優しくて、話を親身になって聞いてくれる。まだ開業したばかりだから、空いていて待ち時間も少ない。スタッフさんも皆さん優しくしてくれる。心が落ち込んでいるときに、優しくしてくれるのでありがたい。

開院したばかりなので、待ち時間が少ない。明るくて優しい女医先生が丁寧に診察してくれる。

先生が明るくて朗らかで、話しやすくて良かったです。


インタビュー

採卵経験1万件の技術を生かし、絆を感じる不妊治療がしたい

2017年4月に開院された『秋葉原ART Clinic』(末広町)の院長・湯 暁暉(タン シャオホィ)先生は、東京大学で医学博士を取得。『東京大学医学部附属病院』を経て、『山王病院』や『加藤レディスクリニック』など名立たる不妊治療施設で研鑽を積まれました。採卵の経験数は、開院時点で、すでに1万件を超えていたというから驚きです。しかも、生殖医療専門医でありながら臨床遺伝専門医というスペシャリスト中のスペシャリスト。そんな湯先生が理想とされる不妊治療のあり様を取材しました。

お一人おひとりを“私の患者さま”として、しっかり把握しながら診たくて開院しました

ゆくゆくは海外で働きたいという思いを胸に抱いていた湯先生は、中国の大学で日本語医学クラスに進まれ、ドラマや小説などを通して日本の文化への興味を深めていかれたといいます。中国大連医科大学に通っていた修士時代、市政府とキャノンが共同主催で開いた日本語コンテストに出たことがきっかけとなり、東京大学への留学の道を切り開いていかれたのだそうです。まずは、この日本に、ご自身のクリニックを開院しようと思われた経緯をお聞かせいただきました。

「大学病院で産婦人科全般に携わったのち、不妊治療専門施設2ヶ所に勤務しました。とくに『加藤レディスクリニック』に勤めていた5年間では、体外受精のための採卵を1万件以上経験しました。中には、採卵が難しい位置に卵胞ができるケースもありましたが、膨大な数の症例を経験している施設だけに様々な素晴らしい技術があり、臨機応変、対応できるスキルも身につけさせてもらったと思っています。

大きい施設だと、診察に行く度に医師が変わる。これが気にかかるという方もいらっしゃいます。私も、お一人おひとりと絆を結び合いながら治療がしたいという思いを持っており、この『秋葉原ART Clinic』を開院させていただくことになった次第です。

ここでは、初診からご卒業まで、医師は私一人です。患者さまの切実な思いを、この私に託してくださるというありがたさと責任感を感じながら診療させていただいていますし、患者さまのお顔やお名前をしっかり覚えたうえで、ある程度柔軟にオーダーメイドの不妊治療ができることに喜びを感じています。

WEB予約のシステムを導入したのは、患者さまの待ち時間短縮が目的ですが、それと同時に、事前に診療予定の患者さまのカルテに目が通せるということも大きな利点だと思っています。予約前日までにあらかじめ経過を振り返っておくことで、じっくり検討したり、対策を練ったりすることができますから」

WEB予約を導入された理由として、“診察前にカルテで治療経過を振り返っておくことができるから”という点をあえて挙げ、これほどまでに強調してお話しくださったドクターはほかにはおられなかったと記憶しています。丁寧に丁寧に患者さまを診ていきたいという湯先生の真摯な思いが、ひしひしと伝わってきました。


ARTは自然周期・低刺激周期を基本に。定休なし、日祝も診察いたします

湯先生が勤務されていた『山王病院』や『加藤レディスクリニック』は、東京都内の不妊治療施設の中でも、指折りの有名病院ですが、ART治療となると、片や刺激周期中心、片や自然周期中心と治療方針はだいぶ異なります。両方をご経験されたうえで、自然周期や低刺激周期を中心とした方法を『秋葉原ART Clinic』の基本に据えられた理由をお聞かせいただけますでしょうか?

「刺激周期によるART治療を行っているときには、それが当たり前だと思っていましたし、利点もあると思います。でも、刺激周期での最大の合併症として、卵巣過剰刺激症候群(OHSS)があります。自然周期や低刺激周期であれば、ほぼ発生しませんので、やはり身体的な負担が軽いというメリットは大きいと思います。自然周期・低刺激周期では患者さま本人のホルモンを最大限に生かしているので、投薬量も最小限で済み、経済的なメリットも大きいと考えています。実際に今、日本で体外受精を受けておられる方は年齢が高く、平均年齢で見ても39歳前後ですよね。年齢が高くなってこられますと、刺激周期での採卵を目指して毎日注射をしても、卵胞があまり発育しないケースも多く、自然周期や低刺激周期で採卵した場合と同じような結果になることも少なくありません。そうであれば、体への負担が軽い自然周期や低刺激周期のほうが、現在の日本の状況においては良いだろうと考えるようになりました。

また、『秋葉原ART Clinic』で使用している採卵針は、一般的な不妊治療施設に比べて21〜22ゲージとたいへん細く、痛みも少ないため、全身麻酔のリスクを回避し、無麻酔で安全に実施することができます。この太さは、採血のための針とほぼ同じ太さですので、採卵にともなう出血のリスクも減らすことができます。これまで私は、この太さの針で入院が必要なほどの出血を起こしたことはありません」

『秋葉原ART Clinic』は、年末年始以外、休診日はないのだそうです。自然周期の場合、いつ最適な採卵のタイミングが訪れるかわかりませんので、休診日はつくれません。複数の医師がいる大手の不妊治療施設と違って、『秋葉原ART Clinic』の場合は湯先生お一人ですので、全採卵を休日なしで請け負う覚悟には並々ならぬものがあることが伝わってきます。

日祝も診療されている点は大きな魅力ですが、さらに立地もたいへん良く、クリニック名にもなっている秋葉原(JR)以外にも、御徒町(JR)、上野(JR)、湯島(千代田線)、末広町(銀座線)、上野広小路(銀座線)、仲御徒町(日比谷線)、上野御徒町(都営大江戸線)、そして京成本線の上野につくばエクスプレスの秋葉原と、なんと合計10駅、すべての駅から徒歩10分以内という好アクセスなのです!


経験豊富なスタッフと高水準の医療設備で、 体に優しい、質の高い医療を提供します

「私は、大学病院からクリニックまで、産科から婦人科までの勤務経験があり、不妊治療においても、刺激周期中心の施設、自然周期中心の施設の両方に携わってきました。この幅広い経験を活かして、体に優しいだけではなく質の高い治療を提供して、ぜひ結果につなげていきたいと思っています。

『秋葉原ART Clinic』は、看護部門も、培養部門も、受付部門も、すべて不妊治療施設での経験がある、患者さまの思いに応えたいと考える熱意のあるスタッフばかりです。とくに経験豊富な者が各部門のリーダーを務めていますので、安心して通院していただければと思っております。

ARTの核心を担う培養室には、患者さま毎に個別管理のできる無加湿型インキュベーター(培養器)と、保温効率が良く湿度安定性の高い加湿型インキュベーターの2種類を備えています。また、超高倍率で精子を観察して、良好な精子を選び顕微授精に用いる『IMSI』システム、従来法よりも卵子への負担が少ない顕微授精『PIEZO-ICSI』のためのシステム、受精卵の紡錘体が観察できる特殊な顕微鏡など、最先端の医療機器を取り揃えています。

さらに、患者さまからお預かりしている大切な胚を守るため、万が一の天災や大規模停電に備えた非常用バックアップ電源も用意しました。

そして何より、あってはならないのが検体(精子、卵子、受精卵)の取り違えです。これを防止するため、『秋葉原ART Clinic』では、培養室内での徹底したダブルチェックに加え、バーコード認証システムを導入。安心・安全なART治療をご提供できる環境を整えました」

ご自身の多岐にわたる経験と、不妊治療を知り尽くした一流のスタッフ陣、そして高水準の医療機器で、質の高い医療の提供を目指すとお話くださった湯先生。頼もしい限りの『秋葉原ART Clinic』です。


言葉がおぼつかない分、誰よりも一生懸命、 誠実に患者さまと向き合わなくては……と

「日本に来て、ちょうど20年目の開院となりました。東大で学んでいる間も、私は本当に日本で医師として生きていけるのか……、大きな不安を抱えながらの、必死の毎日だったんです。でも患者さまに誠意をもって接すれば、言葉の壁は乗り越えられるものですね……。“先生に診てもらえて良かった!”と言葉をかけていただけることも多く、患者さまとの間に困ったことが起きたこともありませんでした。今があるのは、諸先生方のご指導はもちろんですが、何より私が関わらせていただいた、すべての患者さまのおかげだと思っているんです。

不妊治療はたいへんですが、患者さんはみなさん必死でがんばっています。少しでも明るいお気持ちで通っていただけるよう、通院ストレスの少ないクリニックを目指したいと思います。

治療内容において『秋葉原ART Clinic』でなければ受けられないというものは残念ながらありませんが、自然周期や低刺激周期の最先端のART治療を、医師一人が一貫して担当するクリニックとしての価値を感じていただければ幸いです。患者さまと心の通う治療ができることは、私にとって一番の喜びです」

この20年を回想され、うっすらと涙を浮かべながら、慈愛に満ちた笑顔を見せてくださった湯先生。謙遜されるご様子には、勤勉でひたむきで温かなお人柄がにじみ出ていて、日本人以上に日本の美徳を心に持たれた方だと感じました。

今回、インタビュー記事をまとめるにあたって、湯先生のブログを拝見していると、「今日は職員に大人気の患者さんの判定日でした。着床せず、本人が泣いて私も涙がこぼれそうでした」との一文が目に留まりました。ふと、取材でうかがった日、湯先生の瞳に浮かんでいた綺麗な涙を思い出しました。そして、「次周期に今までやったことない誘発法で一緒にチャレンジしてみたいと思っています。職員一同心より秋葉原ART Clinic からのご妊娠・卒業を願って応援しています!」と綴られていました。今日も、『秋葉原ART Clinic』では、患者さまの体はもとより心にも優しい医療が提供されているようです。


施設写真

施設の概要

公式サイトメニュー

ページトップへ

©子宝ねっと