1. 不妊治療情報「子宝ねっと」
  2. 宮城
  3. 病院
  4. 仙台ARTクリニック

不妊治療の病院・口コミ情報

仙台ARTクリニック 理事長 吉田 仁秋 先生

宮城県

仙台ARTクリニック

仙台ARTクリニックの口コミ・評判

公式サイトメニュー


TEL:022-791-8851

「子宝ねっと」を見たとお電話ください

新しい病院なので設備も新しいし綺麗です。受付の人も感じが良いし先生、看護師さんも感じが良いです。
先生が、一人じゃないので、予約も取りやすいし待ち時間もすくないです。

現在ARTセンター(不妊治療専門)に通院して治療を受けています。
院長先生も、看護師の方も、受付の方もとても感じが良く不安な不妊治療も心強く、頑張って通えます。
子連れで通院の方は隔離してもらっているので、一人目不妊で通われている方には不快な思いをせずに済みそうです。
2016年1月から仙台駅東口に新築移転 リニューアルしてますますパワーアップされる予定です。
早く卒業したいけど、新しい病院 楽しみです。

別の病院から転院して通院しています。
駅からはちょっと遠いですけど良い運動になりました。
待合室の雰囲気も良いですし、先生も親切です。
聞きそびれた事などがあっても、看護師さんが丁寧に教えてくれるので、安心して治療に臨めました。

体外受精セミナーで、院長がおっしゃった「妊娠がゴールではなく、出産がゴールです。」との言葉に惹かれ、通いはじめました。
先生は頼りになるし、看護師さんやカウンセラーさんも優しく話を聞いて下さいます。
ヨガ教室もあり、楽しいです。この病院で結果が出るといいな。

先生方はもちろん、看護師さん達のレベルが高い!
転院して2つ目の病院ですが、受精卵や移植した卵の写真をもらうことが出来ます。
まだ妊娠には至ってはいませんが、妊娠出産した場合とてもレアな記念品になること間違いなしです!!!!!

採卵・移植に失敗すると、次はやり方を変えてくれます。
看護師さん達もとても親切で、親身に話を聞いてくれます。
病院も清潔で、旦那様の付き添いも多いように見受けられます。

産婦人科と不妊治療の病棟が分けられている病院です。妊婦さんと同じ待合室と言うこともなく治療を受けている人を考慮されていると思います。治療卒業後、産婦人科へそのまま移れるのも魅力だと思います。 私はまだ参加したことがないのですが、月に2回ヨガ教室も開かれているようです。

昨年秋から吉田レディースに通っています。院内がキレイで、先生方も質問した事はしっかり答えてくれます。タイミング→人工授精→秋から体外へ挑戦します。何より看護士さんが色々と優しく話してくれるので、信頼しています。検査費用も初回に説明された事は助かりました。

とにかく看護師さんが親切丁寧で気さくでお話ししやすい安心して通院できるクリニックです。院内も清潔感があっていいです。

一番は、産科と不妊の建物が分かれているので精神的に楽です。先生も優しいし、先生に聞けなかったことは看護師さんにいつでも相談することができ、丁寧に教えてくれます。面と向かって聞きにくいことでも、メールにて相談に乗ってくれます。
仕事をしながらの不妊治療で、先生の言うとおりに通えなくても責めたりせず、自分の立場になって治療方法を考えてくれる所がありがたいです。

お産も行っているクリニックですが、リプロダクション関係とは別棟になっていて、妊婦さんと顔を合わせる心配がありません。先生は多忙ですが、看護師さんが親身になって下さるので疑問点もすぐ解決できます。スタッフの質、治療方針ともこちらが合っています。無事授かったなら、こちらで出産したい!毎回気合いが入ります。

院長はじめ医師や看護師さんがとても親切です。
かなり回数を重ねてまだ妊娠はしていませんが、いろいろと検査をしたりやり方を変えたりと一緒に頑張ってくださいます。
転院してきたのですが、信頼できる病院なのでもう少し頑張ってみようかなと思っています。

ピンクの外観がかわいくて病院のイメージを明るくしていて、良いと思いました。院内も清潔感があり、患者をなるべく待たせないように迅速な対応も好印象だし、先生方の説明も丁寧で分かりやすかったです。予約の仕方も、診察券で自分で機械で出来るところも良いと思いました。それと、まだ参加してませんが、夫婦で参加できる不妊セミナーを月2回行ってるそうなので、機会があったら参加してみたいと思いました。

先生方はもとより、看護師、事務スタッフ皆さんの好感のもてる対応が安心して受信できるからです。院内の雰囲気も明るい清潔感のあるデザインでプライバシー面もしっかりしていると思います。産科が別棟になっていますが、基本的に区別されているので治療中はあまり深いな想いをしないですし、妊娠後の検診・分娩の対応もしているようなので安心してます。

医師、看護師さん、受付の方、その他スタッフさん、どの方も気配りができていて説明もとても丁寧です。採卵・移植後には、ハーブティとお菓子の提供があり、とてもリラックスできました☆無事に妊娠することができ、別棟に産科があり両科を兼任されている医師や看護師さんもいるので心強いです。

吉田レディースクリニックの先生や看護師さんに出会えて、さらに不妊治療がんばろうと思えました。病院もとてもかわいいです。先生に聞けないことは、看護師さんに聞いています。丁寧に優しく説明してくれます。カウンセリングも無料です。

ドクターが4人いて、自分にあった方がいれば、指名して診察を受けられる。丁寧に説明してくれ、質問や相談にも時間をかけてくれる。自己注射を薦めているので通院回数が少なく治療が受けられ、採卵も8時からやってくれて、10時前には帰れるので仕事との両立がしやすい。専用施設があるので、妊婦と一緒になることがない。

転勤でこちらに転院しました。転院前の病院は不妊専門でしたが精神的なフォローがあまりなく技術を前におしだすところだったのですが、こちらは真逆で、先生に聞きそびれたりしたことも注射を受けるとき、予約をとるときに看護婦さんに質問して、必ず良いアドバイスを返してもらえます。ほっとさせてもらえるのでストレスが軽減できました。体外で陽性をいただいたとき、問診室に関わった人がみんな来てくれてお祝いしてくれました。2006年秋頃には不妊専門病棟できるそうです。

先生も看護婦さんも最高です。次の予約を取る時に接してくれる看護婦さんが本当に優しくて精神面でも助けてもらっています。この病院に出会えて良かったです。


インタビュー

仙台ARTクリニック

妊娠に必要なすべてを、ここに…
これが新しい不妊治療のカタチ。

多くの患者さまが他県からも訪れる『吉田レディースクリニック ARTセンター』は、患者さまに少しでも快適に通院してもらえるようにと、2016年1月名称を『仙台ARTクリニック』と変更するとともに仙台駅東口に移転。仙台駅から徒歩9分と通院に便利な場所になりました。理事長の吉田仁秋先生は、新クリニックを新設されるにあたり、患者さまの大切な受精卵をお預かりするうえで、最新の医療機器や設備の充実はいうまでもなく、患者さまの心身のケアにも重点を置いたといわれます。

代替医療で妊娠する力を高め、
西洋医学で結果を出す統合医療

患者さまを支えるコンセプトとして3本の柱を構える『仙台ARTクリニック』ですが、その1本目の柱に据えるのは、【統合医療】なのだそう。それを裏付けるかのように、『仙台ARTクリニック』の1階は、フロアすべてが患者さんの心身を癒し、患者さま自身の妊孕力(妊娠するための力)を取り戻すための統合医療スペースとなっています。

「今までの診療で培ってきた経験から、不妊に悩まれる患者さまのお気持ちに最大限、配慮した空間と設備を整え、代替医療のメニューを揃えました。

近年の不妊治療は、西洋医学ばかりが中心になってきましたが、『仙台ARTクリニック』では、代替医療も積極的に取り入れ、西洋医学では力の及ばない領域である自然治癒力を目覚めさせ、心身のバランスを整えることで、免疫力、ひいては妊孕力の向上を目指していきたいと考えています。いわゆる最先端の生殖補助医療(ART)と患者さま自身の妊孕力を統合することで妊娠を目指す【統合医療】に根差した、新しい不妊治療を目指しているのです。

不妊治療に特化した『アロマセラピー』、自然治癒力を高める『レーザー治療』、自律神経系や内分泌系、免疫系に作用する『鍼灸』、全身の血行がよくなる『フィットネス』や『ヨーガ』など、すべて1階フロアで受けていただくことができます。レーザー治療などは下半身がぽかぽかすると人気です。サーモメータ―で体温が上がっていることを視覚的にもご確認いただけますので、冷えが気になる方などは、ぜひ試してみてください。

また、不妊治療のストレスで疲れた心を少しでもほぐしていただけるよう、専門資格を持った不妊症看護認定看護師や臨床心理士によるカウンセリングも行っています。

どうかご自分でリラックスできる場所や過ごし方を、この病院内で見つけていただきたいと思います。」

お二人目を希望される方のためには、クリニックの1階に専任の保育士がいるキッズルーム(予約制)が用意されています。入り口は、病院入り口とは別になっていて、このようなところにも、すべての患者さまへの優しい配慮がくみ取れます。


PCOS、がん治療前の妊孕性温存、不育症、
様々な疾患に最適な治療ができる医療環境

「2本目の柱は、様々な疾患を持った、あらゆる患者さまに最適な治療をご提供できる、広範囲を網羅した【不妊治療の対応力】です。
『仙台ARTクリニック』が力を入れているものの一つが、がん生殖医療です。若くして、ご自身のお子さんを持つ前に、乳がん、白血病、精巣がんなどになってしまわれた方の妊孕性(妊娠する力、妊娠させる力)を温存しておくための卵子凍結、精子凍結なども行っています。今や、乳がんの5年生存率も7、8割までに伸びていますが、いったん抗がん剤治療を行いますと月経が来なくなり、更年期のような状態になるなど、生殖機能はひどく廃絶されてしまいます。ましてや放射線治療が始まると、その妊孕性は極端に失われてしまうのです。だからこそ本格的ながん治療に入る前に、ぜひ卵子の凍結保存を検討していただきたいと思います。将来、お子さんを望まれたときに、体外受精などを行えば、妊娠出産という希望を残すこともできるのです。
また、『多嚢胞性卵巣症候群(PCOS)』の方に体外受精を受けていただくための『未成熟卵体外培養(IVM)』についても、誘発法、採卵のタイミング、培養法、移植の仕方に至るまで長年にわたる独自の研究によって、今では一般的な体外受精と変わらないだけの妊娠率を誇るまでになりました。重度のPCOS の方でもOHSSを回避して安全に妊娠を目指していただけますので、IVMのメリットは大きいと考えています。
そして、妊娠されても流産を繰り返してしまう『不育症』の方のための不育症治療です。不育症は、全国的にも専門家が少ないために、避けられた可能性のある流産を重ねているケースもあります。必要とされる方に対しては、『着床前診断(PGD)』も実施しています」

2016年5月より、『仙台ARTクリニック』の院長に就任された福井淳史先生は、生殖免疫の専門家、不育症専門医でもあるのです。吉田先生は、「不育症に悩み傷ついてきた方々のため、私たちは少しでも光が見える治療をして差し上げたい」と、患者さまに寄り添う思いをお話しくださいました。『仙台ARTクリニック』では、遺伝相談の外来も設けています。


体外受精と同等の妊娠率に至ったES-IVM!
私たちは世界TOP水準の生殖医療を提供します

「最後になる3本目の柱は、【世界水準の臨床研究】を行い、それを不妊治療にフィードバックさせて生かしていく姿勢です。つまりは、世界TOP水準の不妊治療を提供するための取り組みを続けていることでしょう。
『仙台ARTクリニック』では、東北大学をはじめとする研究機関と連携し、グローバルな視点を持って研究を行い、国内外の学会で発表を重ねています。
当院の胚培養室の主任は、胚培養士として勤務しながら社会人枠で東北大学大学院農学研究科に学び、博士号を取得しています。責任ある業務と最先端の研究の二足の草鞋(わらじ)、本当に大変だったと思います。
『仙台ARTクリニック』の『エストロジェン未成熟卵体外培養(ES-IVM)』が体外受精と変わらない高妊娠率を誇るまでになったのも、私自身、10年以上の試行錯誤を繰り返し、研究を続けてきた成果だと思っています。月経初期からエストロゲン製剤を処方しながら、ごく少量の排卵誘発剤(FSH製剤)を注射することで、卵胞の発育が促進されるとともに、子宮内膜が厚くなりにくいPCOSの方でも着床環境が改善され、場合によっては初期胚の新鮮胚移植でも妊娠に至るようになったのです。通常の体外受精では卵胞径が20mmになったところで採卵を行いますが、ES-IVMの場合、もっとも大きな卵胞の直径が12、13mmになったところで採卵を行いますので、排卵誘発剤の量もわずかで済み、卵巣が腫れることもなく、PCOSの方でもOHSSになるリスクはありません。

このような世界TOP水準の不妊治療を、不妊治療のストレスが少しでも軽くなるような癒される環境で受けてもらいたいという思いで、この『仙台ARTクリニック』を新設しました。ここには、“妊娠に必要なすべて”をそろえています」

実は、不妊治療の第一線で活躍されるドクターでありながら、JAZZバンドのアルトサックス奏者という顔も持つ吉田先生。『仙台ARTクリニック』の1階ロビーでは、アート作品になったJAZZ MENの吉田先生がご夫婦をお出迎えされています。聞くところによれば、アルトサックスで美しい音色を出すのは、テナーサックスの数倍も難しいのだとか。仕事に、趣味に、常に飽くなき挑戦者の吉田先生ですが、そのアルトサックスの音色は、お人柄同様、柔らかく温かい音なのだろうと想像します。
「赤ちゃんが授からない方、将来に不安がある方は、どうぞ気軽にご相談にいらしてください。もう悩むことはありません。私たちが、ここにいますから」。そう話してくださった吉田先生は、話しぶりも笑顔もふんわり柔らかで、上品で優しい『仙台ARTクリニック』の空間以上に癒し効果抜群。安心してご夫婦の夢を委ねていただきたいと思います。


施設写真

仙台ARTクリニックの概要

公式サイトメニュー


TEL:022-791-8851

「子宝ねっと」を見たとお電話ください

代表者

仙台ARTクリニック院長理事長 吉田 仁秋

仙台ARTクリニックのホームページより

私たちは最高の生殖医療を提供できる環境整備の必要性を実感し「生殖医療IVFセンタ−」を設立しました。 センター設立に当たり私たちが配慮したのは、大切な希望を・・・

所在地 宮城県仙台市宮城野区名掛丁206-13
TEL 022-791-8851
URL http://www.sendai-art-cl.jp/
仙台ARTクリニックについて詳しくは、上記ホームページをご覧下さい。
施設内の様子 仙台ARTクリニック施設写真
交通アクセス ●地下鉄
南北線をご利用の方は、「仙台駅」下車後、「仙石線仙台駅出入口1」より徒歩約4分
東西線をご利用の方は、「宮城野通駅」下車後、「北1出口」より徒歩5分
●電車
仙台駅西口より、「仙台駅北部名掛丁自由通路」を経由して、徒歩約9分
「仙石線仙台駅出入口1」より徒歩約4分
地図

ページトップへ