1. 不妊治療情報「子宝ねっと」
  2. 流産・不育症
  3. 子宮形態異常

流産と不育症

子宮形態異常

経過観察か、手術療法か。中隔子宮は、経腟での子宮鏡下中隔切除術が可能

子宮に形態異常が見つかっても、すぐに手術が必要になるわけではありません。

ただし、厚生労働科学研究班(斉藤班)の調査によると、中隔子宮双角子宮症例での流産胎児の染色体異常発生率が15.4%と報告されており、形態が正常な子宮の方の流産胎児の染色体異常発生率の57.5%よりもかなり低いことが判明しています。すなわち中隔子宮双角子宮症例では、胎児の染色体異常以外の因子が流産の原因になっている可能性が高いことが示唆されています。

とはいえ、子宮形態異常に対する手術療法の有用性については、症例数が少ないため同研究班でも結論を出すにはいたっていません。中隔子宮では手術を行ったほうが経過観察よりも妊娠成功率が高く、双角子宮では手術を行っても経過観察でも変わらないという結果になったことだけ報告しています。また、中隔子宮でも双角子宮でも、診断後、とくに治療を施さなくても、最終的には約8割が出産に至るという報告(*)もありますので、本当に手術が必要かどうか、担当医とよくご相談になってください。

なお、手術療法の有用性や術式を検討するためには、中隔子宮なのか双角子宮なのかをMRI3次元超音波検査を用いて正確に鑑別する必要があります。中隔子宮であれば、開腹手術を行わずとも、腟経由の子宮鏡下中隔除去術で対応することができます。

コンテンツメニュー

不妊に強い頼れる病院特集

妊娠するためには信頼できる病院選びがとても大切。おすすめコメント公開中。

不妊に強い病院・口コミ特集

妊活応援ショップ

サプリ・卵酢・ザクロ、妊活応援情報

おすすめ病院情報募集中!

皆さまからの情報をお待ちしています!


ページトップへ