1. 不妊治療情報「子宝ねっと」
  2. 流産・不育症
  3. 異所性妊娠とは

流産と不育症

異所性妊娠とは

hCGが高値なのに胎嚢が子宮内に見当たらないときは……

もしも、hCGの血中濃度が2000単位/mLを超えているにもかかわらず(あるいは妊娠5週を過ぎても)、子宮内に胎嚢が確認されない場合には、たいへん残念なことですが異所性妊娠(子宮外妊娠)を疑わなくてはいけません。

また、体外受精や顕微授精などで胚を2個以上戻された方は、妊娠8週頃まではhCGの値に気をつけながら子宮内外同時妊娠の可能性を頭の片隅で考えつつ、慎重に経過観察を行う必要があります。

異所性妊娠(子宮外妊娠)の99%以上は卵管妊娠(その多くは卵管膨大部)ですが、まれに卵巣妊娠や腹膜妊娠、子宮頸管妊娠なども起こります。卵管内に着床している場合には、胎児の成長によって卵管破裂が起こり、大出血で母体の生命が脅かされる事態も想定されますので、基本的に手術は避けられないことと理解しましょう。

コンテンツメニュー

不妊に強い頼れる病院特集

妊娠するためには信頼できる病院選びがとても大切。おすすめコメント公開中。

不妊に強い病院・口コミ特集

妊活応援ショップ

サプリ・卵酢・ザクロ、妊活応援情報

おすすめ病院情報募集中!

皆さまからの情報をお待ちしています!


ページトップへ