1. 不妊治療情報「子宝ねっと」
  2. 流産・不育症
  3. 流産とは

流産と不育症

流産とは

胎嚢確認後、妊娠22週未満で妊娠が中断されてしまうこと

流産は、妊娠の10〜20%の頻度で起こる妊娠最大の合併症ともいわれています。

超音波検査で子宮の中に胎嚢が確認できた後、妊娠22週未満で妊娠が中断されてしまうことを流産といいますが、その中でも妊娠12週未満に起こる流産早期流産といい、流産の約9割を占めています。母親は、流産直前の自分自身の行動を責めてしまいがちですが、初期の流産原因の大半は、赤ちゃんの防ぎようのない偶発的な染色体異常だとされています。

妊娠12週以降妊娠22週未満の流産は、後期流産と呼ばれます。

なお、血液検査や尿検査でhCGが検出された段階の非常に初期の妊娠は、化学的妊娠と呼ばれ、胎嚢確認後の臨床的妊娠(日本産科婦人科学会が定義する妊娠)とは区別されています。この化学的妊娠の中断は、現時点では「流産には含まない」と考えられています。

コンテンツメニュー

不妊に強い頼れる病院特集

妊娠するためには信頼できる病院選びがとても大切。おすすめコメント公開中。

不妊に強い病院・口コミ特集

妊活応援ショップ

サプリ・卵酢・ザクロ、妊活応援情報

おすすめ病院情報募集中!

皆さまからの情報をお待ちしています!


ページトップへ