男性不妊.info

精子無力症

どんな病態なの?

射出精液内の精子の運動率が低い状態を、精子無力症といいます。精子は、鞭毛を動かし卵子を目指して泳いでいきますので、運動率の低さ、とくにまっすぐ高速で泳ぐ精子の割合が低いことは、妊娠しづらさにつながります。

先天的な原因が大半ですが、前立腺炎やおたふく風邪による精巣炎、高熱、精索静脈瘤、などが原因になっているケースもあります。ごくまれに慢性呼吸器疾患の方が、重度の精子無力症を合併されることも(カルタゲナー症候群)。なお、長期間の禁欲も運動率を低下させます。

WHOが2010年に改訂した精液所見の基準値では、精子の運動率は総運動率40%以上、前進運動精子32%以上とされています。精液所見は変動が激しいので、間隔をあけながら精液検査を数回行いましょう。常に基準値を下回ると、精子無力症と診断されます。自然妊娠しやすい精子濃度とされるのは1mLあたり4000万個以上、総運動率は50%以上ともいわれており、不妊治療を行う施設独自の基準値を設定しているところも少なくありません。

妊娠するためには、どんな方法があるの?

【効果を確認しながらご主人さまへの投薬治療】
精子の運動率の改善が確実に望めるような効果的な治療法はありません。総運動率50%(2010年に改訂になったWHOによる基準値では男性不妊ではありませんが……)くらいまでの軽度の精子無力症の場合には、ホルモン剤ではない漢方薬ビタミン剤などを用いた非ホルモン療法を試みながら定期的に精液検査を行い、改善しているかどうか様子をみる場合もあるでしょう。精子をつくるのに要する期間が74日間、その精子が運動能力を獲得するのに要する時間が14日間ですので、少なくとも3カ月以上は投薬治療を継続します。
精子の運動率に変化が見られないケースはもちろん、運動率が改善しても妊娠に至らないケース、また重症度が中度や高度の乏精子症のケースでは、奥さま側への不妊治療を併用します。

<非ホルモン療法>
  • 漢方薬……八味地黄丸、補中益気湯
  • サプリメント……Lカルニチン製剤、コエンザイムQ10

【重症度によって奥さまが受ける治療が変わります】
明確な原因のない、中度や重度の精子無力症の場合には、男性側に対する効果的な治療が難しいため、婦人科で女性側に対して妊娠を後押しする治療を施す場合が一般的です。また、軽度の精子無力症でも、奥さまの年齢を考えるとご主人に対して非ホルモン療法を長期間試す時間的余裕のないケースや、投薬治療の成果が現れないケースでは、奥さまへの妊娠へのアシストを優先します。
なお、精子無力症の重症度によって、奥さまへのアシスト内容が変わってきます。

<奥さまが受ける不妊治療と精子の運動率(参考値)> ※不妊治療施設によって基準は異なります。

コンテンツメニュー


ページトップへ