1. 不妊治療情報「子宝ねっと」
  2. 顕微授精
  3. 顕微授精の流れ

顕微授精

顕微授精の流れ

顕微授精 〜治療の流れ〜

顕微授精(ICSI)の治療の流れは、基本的に体外受精(IVF-ET)と同じです。
以下、【D優良な精子の選別】と【E細胞質内精子注入法(ICSI)で精子を卵子に注入】の行程のみが、顕微授精特有の行程となります。

【1. 前周期の処置】

低用量ピルを服用し、次周期の卵育てにベストの環境を整えることもあります。

【2. 卵育て(卵巣刺激)】

採卵周期の月経3日目より、排卵誘発剤による卵巣刺激をスタートします。

【3. 卵子を体外に取り出す採卵(OPU)】

卵子の最終成熟を促すhCGを注射し、卵胞液ごと奥さまの卵子を注射針で吸引して体外に採り出します。

【4. 精子の採取(採精)と洗浄濃縮処理】

ご主人さまにマスターベーションで専用容器に精液を採取してもらい、洗浄・濃縮処理を行います。

【5. 優良な精子1個を選ぶ】

運動能力や形態などをもとに、優良な精子1個を胚培養士が各施設の基準で選別します。

【6. ICSIで精子1個を卵子内に注入】

奥さまの卵子の細胞質内にご主人さまの精子1個を注入し、受精を期待します。

【7. 採卵翌日の受精確認】

採卵翌日に、2個並ぶ卵子由来の前核と精子由来の前核が見られれば、受精成立と判断します。

【8. 体外での培養と受精卵の分割】

受精卵を培養。採卵2、3日目には4〜8細胞(初期胚)、採卵5日目には胚盤胞にまで分割します。

【9. グレードの良い受精卵(胚)の選別】

胚の分割スピードと形状から胚にグレードをつけ、より着床率が高いと思われる良好胚を選びます。

【10. 胚の凍結保存】

奥さまの子宮内に戻す胚を選び、残った胚を凍結保存します。子宮内に胚をすぐに移植せずに、すべて凍結保存することもあります。

【11. 着床を助ける孵化補助(AH/アシステッドハッチング)】

移植前に、卵の殻(透明帯)を薄くしたり、破いたりして胚の脱出(ハッチング)を助けることもあります。

【12. 胚を子宮内に戻す胚移植(ET)】

  • 新鮮胚移植……
    初期胚もしくは胚盤胞を、採卵をした周期に奥さまの子宮内に戻し、着床を期待します
  • 凍結融解胚移植…
    採卵周期以外の周期に理想的な子宮内膜環境を整えて、凍結融解した胚を戻します ※日本産科婦人科学会は、多胎妊娠を避けるため1周期に子宮内に戻すことができる胚の数を「原則として単一」とし、「35歳以上の女性、または2回以上続けて妊娠不成立であった女性などについては、2胚移植を許容する」と定めています。

【13. 妊娠を後押しする黄体補充】

黄体ホルモン剤(内服薬、注射薬、腟坐薬)を使い黄体ホルモンの作用を高めることで、着床を促し流産を防ぎます。

【14. 妊娠判定とhCG】

着床は採卵の約1週間後。月経予定日頃には、胎盤になる組織から分泌されるhCGで妊娠判定可能になります。

【15. 妊娠の成立】

妊娠5週に子宮内に胎嚢が確認されれば臨床的妊娠。妊娠6週に胎芽の心拍が確認されれば妊娠成立となります

コンテンツメニュー

不妊に強い頼れる病院特集

妊娠するためには信頼できる病院選びがとても大切。おすすめコメント公開中。

不妊に強い病院・口コミ特集

妊活応援ショップ

サプリ・卵酢・ザクロ、妊活応援情報

おすすめ病院情報募集中!

皆さまからの情報をお待ちしています!


ページトップへ