1. 不妊治療情報「子宝ねっと」
  2. 台湾
  3. 病院
  4. 送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター

不妊治療の病院・口コミ情報

送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター

台湾

代表者

送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター院長写真院長 ョ興華

送子鳥(コウノトリ)生殖医療センターのホームページより

ョ興華 院長先生:「愛情をもってしても時間の流れには逆らえませんが、それは卵子にとっても同じです。女性には、自分の考えにこだわり過ぎず、卵子のことも大事にしてほしいと願っています」

愛によって…天使を身ごもる
『送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター』は、子供を授かりたいと願う人たちに対し、一日も早い幸せな出産に向けて、迷い子になっているお二人の天使を見つけられるよう、心を込めてサポートします。たくさんの「愛」を注ぐことで、貴方の心を癒し、日々の辛さを忘れていただきたいと思っています。我々の願いは、赤ちゃんを抱っこする貴方の涙に濡れた目と笑顔。子供がいる家庭は、本当に幸せです。

四大クラウドサービスの提供
『送子鳥生殖医療センター』は、台湾最大の精子・卵子バンクです。精子・卵子・胚の凍結保存、スピーディーな精子・卵子の提供、着床前スクリーニング、遺伝疾患のない健康な赤ちゃんの妊娠など、「愛」と「まごころ」をもって、子供を求める人たちのために「迅速な」かつ「幸せな」妊娠を叶えるお手伝いをしています。

医療体制
送子鳥創設者のョ興華医師は、1992年に新竹の東門病院不妊症研究室を設立し、初の体外受精による妊娠を成功させてから、チームを率いて専門性及びサービスを向上させてきました。2000年に『送子鳥(コウノトリ)生殖医療センター』を設立し、2014年には送子鳥生命の樹ビルを建設し、業界で注目されています。
3000組以上の不妊で悩む夫婦に子供を授かる夢を実現させ、幸せな人生のお手伝いをさせていただいていることを誇りにしています。

医療チーム
『送子鳥生殖医療センター』の医療チームは、ョ興華院長のほか、不妊症の診断及び治療方面で豊富な経験をそなえた業界の権威者ぞろいです。王懷麟,謝佳琳,李孟儒を迎え、合計4名の医師で構成しています。

生殖センター
高倍率 (>6000倍)の顕微鏡で精子の形を選別するIMSI(Intracytoplasmic morphologically selected sperm injection)を行うことで、空胞があるものや頭部の形が異常のものを除外し、良質な精子を選び出して胚培養の成果を向上させます。
最新のドライ式インキュベータによって、お一人ずつ個別に独立した環境の中で胚を培養することができ、互いに与える干渉やそのほかの変化を軽減し、常に培養庫内の状態を監視することで、最良の環境で胚を発育させることができます。

次世代シーケンサー(NGS)室
迅速かつ的確な着床前スクリーニングを提供し、健康な赤ちゃんを妊娠できるようサポートいたします。

日本語コンサルタント
私たちは、専門的で親身な相談サービスを提供しております。治療にあたっての様々な疑問にお答えし、順調に治療が進められるようお手伝いさせていただきます。

所在地 台湾新竹市忠孝路80号
TEL +886-3-573-5292
URL http://jp.icryobank.com/
送子鳥(コウノトリ)生殖医療センターについて詳しくは、上記ホームページをご覧下さい。
交通アクセス ■飛行機でお越しのお客様

<桃園空港の場合>
・お車:約45分
・公共交通機関:送迎バス(約30分)→台湾高鉄「桃園駅」から「新竹駅」(約10分)→タクシー(約15分)→当院

<松山空港の場合>
・お車:約80分
・公共交通機関:送迎バス(約30分)→台湾高鉄「台北駅」から「新竹駅」(約40分)→タクシー(約15分)→当院
地図

施設写真


ページトップへ