1. 不妊治療情報「子宝ねっと」
  2. 男性不妊
  3. 膀胱内精子回収術

男性不妊

膀胱内精子回収術

逆行性射精が投薬治療で治らなければ、膀胱内の精子を使って婦人科と連携治療

膀胱頸部を閉じる作用のある薬(抗うつ薬、イミプラミンなどなど)を服用しても効果が見られず、まったく精液が射出されない場合には、射精感を得た後、膀胱内から精子を回収します。

まず、尿中では精子が浸透圧でダメージを受けてしまうため、排尿して膀胱内を空にしておきます。次に、尿道経由で膀胱内に培養液を注入し、精子回収の準備をします。そして、射精の感覚が得られるまでマスターベーションを行い、導尿して精子を培養液ごと回収します。

これらの精子を使って、婦人科での人工授精(AIH)体外受精(IVF)もしくは顕微授精(ICSI/イクシー)を試みます。奥さまがどの治療を受けるかは、そのほかの不妊原因の有無や回収された精子の状態によります。

コンテンツメニュー

不妊に強い頼れる病院特集

妊娠するためには信頼できる病院選びがとても大切。おすすめコメント公開中。

不妊に強い病院・口コミ特集

妊活応援ショップ

サプリ・卵酢・ザクロ、妊活応援情報

おすすめ病院情報募集中!

皆さまからの情報をお待ちしています!


ページトップへ