1. 不妊治療情報「子宝ねっと」
  2. 男性不妊
  3. 食事で気をつけたいこと

男性不妊

食事で気をつけたいこと

男性は大豆食品のとり過ぎに注意

大豆食品などイソフラボンを含んだ食品を多く摂取すると、精子濃度が低くなるというハーバード大学公衆衛生大学院の報告(※)があります。イソフラボンは、女性ホルモン(エストロゲン)の構造に似ているため、体内でエストロゲン同様に作用して、精子の生産能力を落としてしまうというのです。この研究によれば、大豆を多く摂取する男性の精子濃度は4100万個/mLと、平均値の8000万〜1億2000万個/mLを大きく下回っていたとのこと。 大豆食品を多く摂取する食文化の日本人には、いささか気になるお話ですね。過剰な摂取は控えましょう。

※ Chavarro JE,et al.Soy food and isoflavone intake in relation to semen quality parameters among men from an infertility clinic.Hum Reprod 2008 Nov;23(11):2584-90.

抗酸化栄養素をしっかり摂って活性酸素から精子を守りましょう

男性不妊の方の精液は、活性酸素の量が多く、精子が酸化ストレスを受けやすいといわれています。活性酸素が増加すると、精子の運動率が低下し精子のDNAはダメージを受けてしまいますので、抗酸化作用を高めるためにも、カラフルな彩りの旬の野菜や果物、魚介類をたくさん摂取しましょう。これらの食品には、水溶性のフラボノイド(ベリー類)や脂溶性のカロテノイド(牡蠣やトマトに含まれるリコピン、サケに含まれるアスタキサンチン)といった活性酸素の除去に効果的な成分が多く含まれています。

コンテンツメニュー

不妊に強い頼れる病院特集

妊娠するためには信頼できる病院選びがとても大切。おすすめコメント公開中。

不妊に強い病院・口コミ特集

妊活応援ショップ

サプリ・卵酢・ザクロ、妊活応援情報

おすすめ病院情報募集中!

皆さまからの情報をお待ちしています!


ページトップへ